GMOとくとくBBの解約全書|手続きや違約金の全貌!

GMOとくとくBBは2年契約、3年契約と選べます。契約年数が違うので解約の際はいろんな注意点も出てきます。変な違約金など取られないように当サイトの情報をチェックしましょう!

GMOとくとくBBの解約|高額違約金には気を付けろ?

GMOとくとくBBはとても優秀なプロバイダーと言えます。

お得な料金プランが用意されていますし、それに高額キャッシュバックも用意されています。

さらに2年契約も用意されているのもポイントが高いですね♪

ただ、そんなお得なとくとくBBだからこそ、注意したいのが高額違約金が発生する解約についてです。

今回はGMOとくとくBBの解約について詳しく解説していきます。高額違約金を取られないように十分ご注意ください!

 

とくとくBBの解約は必ず更新月のタイミングで

これはとくとくBBに限った話ではありませんが、WiMAXプロバイダーには更新月というものがあり、この更新月に解約しないと高額な違約金を取られてしまいます。

ではとくとくBBの更新月はいつなのか?ということですが、こちらのようになっています。

  • 2年契約…端末発送月の翌月を1ヶ月目とした25ヶ月目
  • 3年契約…端末発送月の翌月を1ヶ月目とした37ヶ月目

これらの更新月に必ず解約するようにしましょう!

 

とくとくBBの解約違約金に注意!

とくとくBBは特に高額な解約違約金が発生するので注意が必要です。

特に注意したいのがキャッシュバックキャンペーンで申し込んだ場合ですね。

キャッシュバックキャンペーンはお得なキャッシュバックが用意されている代わりに、解約違約金が高額です。

例えば2年契約のキャッシュバックキャンペーンで申し込んだ場合ですが、2年以内に解約すると24800円の違約金を取られてしまいます…

かなり高額ですよね…

で、この違約金なんですが、他社WiMAXプロバイダーと比べても高額です。

普通、他社ならせいぜい19000円が限度です。とくとくBBは24800円とさらに高額になっています。

けっこうとくとくBBってズルい部分があるんですよね。

キャッシュバックを売りにキャンペーンを実施していても、実際は手続きが面倒だったり…

いろんな注意点があるプロバイダーと言えそうです。

 

とくとくBB解約方法は?

とくとくBBを解約する方法は主に次の3つです。

  • ウェブ
  • 電話
  • メール

更新月での解約はウェブから。更新月以外でどうしても解約したい場合は電話かメールで手続きをしましょう!

一番簡単なのはウェブからの解約ですね。電話のように通話料もかかりませんし、24時間いつでも解約手続きができます。

ただ、ウェブからの解約の場合更新月以外では「解約」ボタンが出てきません。このボタンがないとウェブからは解約できないんですね。

だから更新月以外の解約は電話かメールということになります。

 

とくとくBBを解約したらSIMカードの返却は?

SIMカードについては基本的に返却の必要はありません。

ただし、初期契約解除やキャンセルの場合は返却する必要があります。

ちなみにこれら2つのキャンセル制度は解約できる日数が違います。

初期契約解除は慌ただしいですが、無条件で解約ができるありがたい制度です。

キャンセル制度の場合、ピンポイントエリア判定が○である必要があります。

ということで初期解約については注意してくださいね!

 

<関連記事>

 

   

 - 解約全般